チャージタイプのamazonギフト券で出費を管理する

Amazon.co.jpでよく買い物をするなら、クレジットカードが便利です。ただ、クレジットカードがあるとついつい使い過ぎてしまって、翌月の請求額に頭を抱えてしまうケースも珍しくはありません。そのような人に向いているのが、amazonギフト券の中のチャージタイプではないでしょうか。チャージタイプは、クレジットカードで購入すればAmazon.co.jpのアカウントに即チャージされます。

実際のところ、クレジットカードを使えるならチャージタイプを利用しなくても買い物はできるのですが、使い過ぎを防げるのが魅力です。Amazon.co.jpで買い物をし過ぎてしまうなら、チャージタイプを利用して月々いくらまでと決めておくとよいでしょう。例えば、1ヶ月当たり1万円まで、或いは2万円までと決めておいて、その額だけチャージしておきます。チャージした額以上は買い物をしてはいけない、そうルールを作れば無駄遣いを防ぐ効果が見込めるのです。

amazonギフト券のチャージタイプは購入金額がある程度は決まっていて、1000円、5000円、10000円、20000円、30000円、50000円の6種類が基本です。ただ、15万円以上50万円以下のチャージにも対応していて、15万円以上の購入の場合は1円単位で購入できます。amazonギフト券を利用するならログインしてから番号を入力しないといけませんが、チャージタイプに関してはクレジットカードで支払いが完了したのと同時にチャージされるので、番号を入力する必要がないのも魅力です。

ギフト券の購入を検討される方は一度こちらのhttp://ギフト券の窓口.comというサイトを見ると良いかもしれません

amazonギフト券の中でも有効期限が長い、シートタイプ

amazonギフト券は種類が色々ありますが、有効期限は基本的にどれも同じです。購入から1年後までに使わないと無効になってしまうので、登録を忘れてしまって無駄にしたという人も多いでしょう。しかし、例外的に有効期限が長いものがあり、それが法人向けamazonギフト券と、シートタイプです。ただ法人向けamazonギフト券は名前の通り法人向けに販売されているものなので、一般の人は買えません。そのため、誰でも買える中で有効期限が長いものは、コンビニエンスストアなどで買えるシートタイプだけです。

ローソンとミニストップならLoppi、ファミリーマートならFamiポート、セブン-イレブンならマルチコピー機といった感じに、コンビニエンスストアにはマルチメディアステーションが設置されています。マルチメディアステーションはコンサートのチケットなど、店舗内に置いていないものを買う場合に役立つ機器です。このマルチメディアステーションでamazonギフト券も販売されているので、端末を操作してからレジに持って行くとよいでしょう。

他に実店舗で売られているamazonギフト券はカードタイプがありますが、これと比べるとシートタイプの取扱店はかなり少ないのが特徴です。シートタイプが販売されているのは各種コンビニエンスストアとCDやゲーム、本などを販売しているワンダーグーだけです。コンビニエンスストアの中でも、スリーエフなどシートタイプの販売はしていないところもあります。

amazonギフト券の使い方と、注意したい有効期限


Amazon.co.jpで使えるamazonギフト券には、種類があります。コンビニで販売されているものや、Amazon.co.jpで購入するものなどがありますが、基本的な使い方はどれも同じです。amazonギフト券には番号が記載されているので、Amazon.co.jpにログインして番号を登録すると、すぐに使えるようになります。仮に3000円分を登録したとしますが、この3000円はすぐに商品の購入の際に使えるのです。

2000円のものを購入した場合、登録した3000円から差し引かれるので新たに支払いする必要はなく、1000円分が残ります。逆に3000円を登録している時に8000円のものを購入する場合、8000円から3000円が差し引かれるので、支払額は5000円です。商品の値段から、登録されているギフト券の数字分を値引きするものと考えるとよいでしょう。あらかじめ登録しておかなくても、商品の購入の際にamazonギフト券を使用することもできます。

ただ、期限が設定されているので、amazonギフト券を使うのを忘れているとせっかくのギフト券が無駄になってしまうでしょう。ギフト券には色々な種類がありますが、シートタイプと法人向けのものを除けば期限は1年です。購入から1年で使えなくなるのですが、登録の期限が1年なのではなく、使用の期限が1年です。ギフト券を購入してから1年以内に使わない場合、登録していたとしても期限切れで無効なので有効期限には注意してください。昔は有効期限が表示されなかったので分かりにくかったのですが、今はアカウントサービスから有効期限を確認できます。

amazonギフト券の換金方法について


amazonギフト券を現金に換金したいときはどうしたら良いのでしょうか。考えられる方法として幾つかをご紹介します。

まずはamazonのサイトより品物を購入し、それをオークションサイトやリサイクルショップなどで売る方法があります。ただしこの方法は時間と手間がかかるわりにはそれほど換金率もよくありません。また、転売目的の購入が禁止されている商品もあるため、注意が必要です。

amazonギフト券自体をオークションサイトで売ることもできますが、やはり時間と手間がかかります。それほど高値で落札されなかったときや、そもそも落札されなかったときなどリスクも大きいです。

amazonギフト券は有価証券ではないので、街の金券ショップで買い取りはしてくれません。ただしコンビニで購入したカードタイプのギフト券であれば、買い取ってくれる可能性はあります。ネット上より購入したギフト券はほとんど買い取ってもらうことはできません。

いちばん良いのは、amazonギフト券を買い取ってくれるインターネット上の買取業者に買い取りを依頼する方法です。amazonギフト券を買い取ってくれる買取業者はインターネット上にたくさん存在しています。買取率は大よそ8割~9割程度で、業者によって異なります。業者に買い取ってもらうと、早い場合には即日、指定振込先口座に現金が入金されます。

換金率から考えると、買取業者に買い取ってもらうことがいちばん換金率が良いといえるでしょう。

amazonギフト券の購入と使用、余った時の対処法について


amazonギフト券は、紙幣やデパート商品券のように目に見えるものではありません。どちらかというと、電子マネー的なものと考えると分かりやすいでしょう。有価証券ではないので、街の金券ショップで購入することはできません。amazonの正規サイトまたはコンビニより購入します。

amazonで買い物をする場合、必ず自分のアカウントでログインする必要があります。amazonギフト券を購入する場合や使う場合も同様にアカウントが必要となります。自分のアカウントでログインして、アカウントサービスのページに移動すると、お支払い方法の設定でamazonギフト券を購入、アカウントに登録などといった項目があります。そこからギフト券を購入したり登録したりすることができます。登録の際にはギフト券番号が必要となります。ギフト券を登録することで、買い物の際にギフト券を指定すると、自動的にそのギフト券から出金されます。

amazonギフト券で注意しなくてはいけないことは、有効期限があることです。有効期限を過ぎてしまうと使えなくなってしまうので、有効期限が近いギフト券を持っている場合は早めに品物を購入する必要があります。それでもギフト券を使いきれない場合は、買取業者にamazonギフト券を買い取ってもらうという方法もあります。買取業者はインターネット上にたくさん存在します。買い取り率なども業者によって違います。一度少額のギフト券を換金してみて、その買取業者が信頼できる業者かどうかを見極めると良いでしょう。

コンビニで買えるamazonギフト券


コンビニで売っているamazonのギフト券についてご紹介します。インターネットよりクレジットカードを使って購入するタイプのギフト券と違い、コンビニで売っていてるamazonギフト券は、現金で購入することが出来る点がメリットです。クレジットカードを持たない方でも買うことができるため、大変人気があります。またamazonより購入する際に代金引換を選択すると、通常は手数料がかかりますが、amazonギフト券を使うと手数料がかかりません。

カードタイプのamazonギフト券は、コンビニの棚にかかっているプラスチックカードを購入します。2016年1月時点では、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円、バリアブル(金額指定)の種類がそろっています。有効期限は購入から1年です。

シートタイプのamazonギフト券は、コンビニの端末より紙シートにギフト券番号が印字されるタイプです。2016年1月時点では、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円、25,000円の種類がそろっています。有効期限は、amazonのギフト券の中では最も長く、発行日から3年になります。

amazonギフト券は使い勝手が良いので、多めの金額分を購入されるかたも多くいらっしゃいますが、有効期限内に使わないと失効してしまうので注意が必要です。

有効期限が近づいてきているのに使い切ることが出来ない場合は、買取の業者に買い取ってもらうことも方法の1つです。業者によって換金率や入金方法、入金のスピードなどが違います。よく調べて信頼のできる業者を選びたいものです。

amazonギフト券の使い方


amazonギフト券はインターネットショッピングの最大手amazonで使うことのできる電子ギフト券です。インターネットショッピングなどをしていると、プレゼントなどでもらうことも多いのではないでしょうか。ギフト券が貯まってしまったらどうしたら良いでしょう。amazonギフト券には一般のデパート商品券などと同じように期限があり、期限を過ぎると使えなくなってしまいますので注意する必要があります。

まずはamazonで買い物するという方法があります。amazonでは実に様々な商品がそろっていますので、自分の好きな商品が必ず見つかります。お友達にプレゼントを購入しても良いでしょう。amazonで購入後、オークションで売るという方法もあります。

それでもギフト券が余ってしまったら、換金するという方法もあります。もちろん、換金は額面通り買い取ってもらえるわけではありません。買取業者の手数料などがありますので、買取率は100%ではありませんが、ギフト券を使わないで期限が過ぎてしまうより、買い取ってもらった方がお得です。

amazonnギフト券の買取業者はインターネット上に多く存在しています。買取率ももちろん大切なのですが、なるべくネットの口コミなどを参考に、信頼できる業者を選びましょう。悪徳買取業者にあたらないように注意しましょう。

買取率やその他買い取りで分からないことは何でも業者に質問しましょう。その際にきちんと誠実に答えてくれるかどうかもチェックしましょう。

amazonギフト券、街の業者では扱っていない


インターネットショッピングの大手、amazonで使えるamazonギフト券は、ちょっとしたプレゼントや景品、ポイントの交換などですぐに貯まってしまいます。amazonで買い物をする時に使えるのですが、たくさん貯まって使う予定もないときは、換金すると良いでしょう。とはいっても、街の金券ショップでamazonギフト券の買い取りはあまり取り扱っていません。これはどうしてでしょうか。

amazonギフト券はデジタルなギフト券です。つまり手元に存在しない、現物がないのです。電子マネーと同じような感覚です。大手デパートの商品券などは現物がある有価証券になり、金券ショップで扱うには古物商の許可が必要になりますが、amazonギフト券は有価証券でないため、扱いづらいのです。古物商の許可こそ必要はありませんが、それを取り締まる法律がまだない、ということです。

amazonはインターネット上のショッピングサイトです。そのインターネット上のお店のギフト券を、わざわざ街の金券ショップまで足を運んで売ることは大変です。インターネット上の買取業者に売ることができれば簡単です。

また、実はamazonギフト券の買い取りはamazonの規約に違反したものです。そのため、大きく換金することができないのです。

インターネット上にはギフト券の買取業者が多数存在します。買取業者選択の際には、詐欺に合わないためにもしっかり信頼できる業者を選びましょう。

amazonギフト券の買取の流れ


amazonギフト券は、インターネットショッピングの大手、amazonで使える電子ギフト券のことです。ポイントなどから簡単にギフト券に交換できるため、気が付いたらギフト券がたくさん貯まっていたということになりがちです。そんな時は換金してみましょう。amazonギフト券換金の手順についてご説明します。

買い取りの業者は多くはインターネットからの申し込みになります。買い取り業者は複数ありますが、ご自分で良いと思う業者を選択します。選んだ買取業者のサイトにアクセスします。

買取業者のサイトから、買い取りの申し込みをします。多くはメールでのやり取りになりますが、電話を受け付けている業者もあります。本人確認は多くの業者が行っています。お金が動く取引になりますので、必ず本人確認を行います。

amazonギフト券は、Eメールタイプ、カードタイプ、印刷タイプなどの種類があります。ギフト券の種類、ギフト券の番号、有効期限、振込先口座などを入力して完了です。業者の確認が取れ次第、指定した振込口座へ現金が入金されます。指定口座の銀行の営業時間にもよりますが、最短では10分程度で入金完了する業者もあります。

振込手数料は無料なところ、数百円程度の振込手数料が必要なところなど、様々ですので必ず確認しましょう。分からないことなどはメールや電話で問い合わせると、親切に教えてもらえますので、不安に思わずにトライしてみましょう。

amazonギフト券買取業者はここをチェック


amazonギフト券とは、amazonで使える電子ギフト券のことです。amazonでは様々な商品がオンラインで購入することができるので、ギフト券は大変重宝します。ポイントをギフト券に変えることもできるため、気が付いたらamazonギフト券がたくさん貯まっていた、ということもよくあることです。そんな時は、現金化してみましょう。amazonギフト券も、図書カードや百貨店の商品券のように買取してもらえるのです。

ギフト券を買い取ってくれる買取業者はたくさん存在します。どのように買い取り業者を選べば良いのでしょうか。そのポイントをご説明します。

まずは買取率です。買取業者によって買取率は異なります。なるべく高い買取率で買い取ってもらったほうが手にする現金も多くなります。買取率が高いからといってすぐに飛びついてはいけません。必ず他の項目もチェックしましょう。

次に、買い取りのスピードです。インターネット上の買取業者は、年中無休というお店も少なくありません。買い取ってもらった後すぐに現金を入金してもらえるのか、などもチェックポイントです。早い業者では、買い取りから入金まで即日対応というところも存在します。

それから、やはり大切なのは信頼できる業者かどうかです。信頼性については、その業者をネットで調べて、悪い口コミがないか、などといったチェックが必要です。不必要な手数料などをとられないかどうかもチェックしましょう。